【あさイチ】室伏広治の[肩こり対策]紙風船トレーニングの方法

2024年3月13日のあさイチ放送では、スポーツ庁長官の室伏広治さんが、紙風船トレーニングの方法を紹介しました。

【あさイチ】室伏広治[肩こり対策]紙風船トレーニングの効果

上半身の筋肉バランスを下半身に移行させることで、肩こりの改善効果が期待されます。

それに加えて、紙風船を押す際に、インナーマッスルを意識的に使うことで、深層の筋肉が強化されます。

【あさイチ】室伏広治[肩こり対策]紙風船トレーニングの方法

風船トレーニングのやり方①

1)両手を使って、紙風船をしっかりと押し、つぶさないようにします。

2)ひざを少し曲げ、胸の前で紙風船を両手で抱えます。

※紙風船を押しつぶすイメージで力を込めて押し込みます。

3)この姿勢を10秒間維持します。

※紙風船がなくても、ボールがあると想像しながら行っても大丈夫です!

1日に2~3回、このトレーニングを行います。

風船トレーニングのやり方➁

1)全力で紙風船を押す際に、つぶさないように注意します。

2)ひざを曲げて体を下げ、低い姿勢をとります。

3)ひざを伸ばし、つま先立ちの姿勢を作り、身体を最大限に伸ばします。

風船トレーニングのやり方③

1)おへその位置に紙風船を置き、両手で力を込めてお腹に向かって押してください。

※紙風船が潰れないように注意してください。

2)ひざを軽く曲げ、紙風船を押し続けながら、上半身を左右に揺らします。