【あさイチ】正しいシャンプー方法[塩見芽以]かゆみ・ニオイ・抜け毛を解消

幸せじかん

2024年3月25日のあさイチでは、ヘアケアメーカーの塩見芽以さんが、正しいシャンプーの方法について詳しく紹介しました。

日々行っているシャンプー、実はその手順に改善の余地があるかもしれません。

頭皮トラブルの3大問題、ニオイ・かゆみ・抜け毛を解消するための、専門家による手軽なケア方法をお伝えします!

【あさイチ】正しいシャンプー方法[頭皮の匂いの原因]

20代 ヨーグルト/シトラス
20~30代 脂っぽい
30~40代 納豆/蒸れたニオイ/垢っぽい
40~50代 ろうそく/ほこり/粉っぽい
ごくまれにいる しょうゆ/香ばしい香り

頭皮のニオイの主な原因は、皮脂が酸化したり、常在菌によって分解された際の物質です。

つまり、適切に洗浄されない皮脂がニオイの元になると考えられます。

頭皮の洗浄が不十分な場合、ニオイの原因となる物質が残留する可能性があります。

年齢によって、頭皮のニオイの種類は5つに分類されます。

【あさイチ】正しいシャンプー方法[頭皮に常在する菌]

アクネ菌 酸を作り出し、頭皮に潤いを与えます。
表皮ブドウ球菌 頭皮を弱酸性に保ち、外部の刺激から守ってくれます。
コリネバクテリウム 頭皮を弱酸性に保ち、外部の刺激から守ってくれます。

日本人の頭皮には、3つの主要な菌種が存在し、これらの3つの菌種が80〜90%を占めています。

これらの3つのバランスが、頭皮と髪の健康にとって非常に重要です。

加齢や紫外線、生活習慣の乱れなどが、このバランスを崩す原因となります。

頭皮の色を見て、青色なら問題ありませんが、赤くなるとコリネバクテリウムが増加している可能性があります。

コリネバクテリウムの増加により、毛根部の細胞の活性が低下し、抜け毛や細毛、白髪が増加することが明らかになっています。

また、老化菌として知られるエンテロコッカスという菌も存在します。

これらの菌が頭皮に存在する場合、髪のうねりを引き起こしたり、肌に存在する場合はシワを引き起こす悪影響があります。

【あさイチ】正しいシャンプー方法[シャンプー前の予洗い]

予洗いとは、シャンプーをする前にお湯で頭皮を洗う行為です。

これが非常に重要であり、頭皮が臭うという問題は、実は数秒しか洗われていないことが多いそうです。

シャンプーをする前に、まずブラッシングを行います。

POINT:この手順が後で効果を発揮します。

シャワーヘッドを手に取り、頭皮全体に均等にお湯をかけます。

指を髪の間に入れ、頭皮に触れるようにしてお湯をなじませ、頭皮をしっかりと濡らします。

POINT:頭皮周辺に汚れが溜まりやすいので、指を使って水の流れを作るイメージで頭皮を洗ってください。

ニオイが気になる方は、最低1分間予洗いを行ってください。1分になるように、心の中で「どんぐりころころ」を4回歌ってみてください。

心の中で歌うだけでも問題ありません。

【あさイチ】正しいシャンプー方法

シャンプーは、手のひらで円を描くように軽く泡立てます。

POINT:シャンプーの量は、ショートなら1回押し、ミディアムなら2回押し、ロングなら3回押し程度が目安です。

泡立てたら、側頭部や後頭部、そして頭頂部まで、頭皮に均等に広げて泡立てます。

泡立てた泡を根元から毛先に向かって伸ばします。

顔の輪郭には、指を使って円を描くように洗います。

頭皮の皮脂を落とすために、指の腹で頭皮を軽くもむように洗ってください。

頭皮が少し動く程度の力で洗います。

正しいシャンプーを行わないと、意外と洗浄が不十分なのは頭頂部、つむじ、耳の裏、そして襟足です。

しっかりと予洗いをして、正しい手順でシャンプーを行いましょう。

【あさイチ】正しいシャンプー方法の効果

唾液中の免疫物質の濃度は、ゴシゴシ洗いでは30%増加しますが、もみ洗いでは68%も増加します。

このことは、もみ洗いがゴシゴシ洗いよりも2倍リラックスできることを示しています。

さらに、ゴシゴシ洗いに比べて、もみ洗いは髪のキューティクルを保護してくれます。

【あさイチ】正しいシャンプー方法[かゆみの原因]

頭皮のかゆみの原因は、主に炎症と乾燥の二つに分かれます。

炎症は、シャンプーやトリートメントの洗い残しや、トリートメントの塗り方などから生じます。一方、乾燥は、お湯の温度が主な原因であることがよく知られています。

炎症を予防するには、予洗いのように頭皮を指でしっかり洗って、ぬめりがなくなるまで洗うことが重要です。

また、シャンプーをしっかりすすいだつもりでも、さらに30秒間すすぐと効果的だと言われています。

【あさイチ】正しいシャンプー方法[かゆみを防ぐトリートメントの付け方]

トリートメントには髪用と頭皮用があります。

髪用のトリートメントは、髪のダメージを修復するために作られています。そのため、髪の表面につややかなコーティング成分が付着しやすい特性があります。

しかし、このタイプのトリートメントは頭皮に付着すると、すすぎ残しが起こりやすいです。ですので、十分に洗い流すことが大切です。

一方、頭皮用のトリートメントは最近登場したばかりなので、髪用と比べるとまだ種類が限られています。

頭皮用のトリートメントを選ぶ際は、「頭皮(地肌)に塗布」と書かれているものを選びましょう。

頭皮が乾燥しているとかゆみの原因になる場合は、お湯の温度にも注意が必要です。

おすすめの温度は38℃です。40℃以上のお湯を使うと、洗った後に頭皮が乾燥しやすくなり、かゆみが生じる可能性があります。