【ゲンキの時間】健康診断・人間ドックの選び方(年齢別オプション検査も)

お悩みを解消

医師の波多のぞみ先生が、2024年3月17日に放送された『健康カプセル!ゲンキの時間』で、健康診断・人間ドックのオプション検査の選び方について詳しく紹介されました。

オプション検査は多岐にわたり、どれを選ぶべきか迷うこともあるかと思いますね。

【ゲンキの時間】健康診断・人間ドックの選び方[+オプション検査]

お笑いの天野ひろゆきさんと坂下千里子さんが、『健康カプセル!ゲンキの時間』で「人間ドック半日コース」を受けました。

検査項目は次のとおりです。

①健康調査

②医師診察

③身体測定

④眼科検査

⑤聴力検査

⑥血液検査

⑦呼吸器系検査

⑧循環器検査

⑨紹介検査

⑩超音波検査

①〜⑥までは一般の健康診断でもやりますよね。

 

そして更に、次の3つのオプション検査を受けました。

・骨密度検査

・胃内視鏡

・脳ドック

しかしオプション検査というのはこれだけではありません。

【ゲンキの時間】健康診断・人間ドックの選び方[+年代別のオプション検査]

検査項目   年齢 頻度
大腸がん便潜血検査 40歳以上 毎年
大腸内視鏡検査 50歳以上 3年に1回
胃内視鏡検査 50歳以上 2年に1回
肺がん検査(X線) 40歳以上 毎年
乳がん検査(マンモグラフィ) 女性40歳以上 2年に1回
子宮頸がん検査 女性20歳以上 2年に1回
前立腺PSA 男性50歳以上 3年に1回

性別や年令で受けた方がいいオプション検査です。

波多先生によると、20〜30代で症状がなければ特にオプション検査は必要ないそうです。

40歳以上

40歳以上で受けた方がいいオプション検査は、

  1. 大腸がん便潜血検査: 毎年受けることをおすすめします。
  2. 肺がん検査(X線): 毎年の受診が重要です。
  3. 乳がん検査(マンモグラフィ)(女性向け): 2年に1回の受診が適切です。

また、女性の方であれば、子宮頸がん検査は20歳以上で2年に1回受けることが目安とされています。

50歳以上

50歳以上で受けた方がいいオプション検査は、

  1. 大腸検査内視鏡: 3年に1回受けることをおすすめします。
  2. 胃内視鏡検査: 2年に1回の受診が重要です。
  3. 前立腺PSA(男性向け): 3年に1回の受診が適切です。

また、40歳以上で受けた方がいいオプション検査もこれらに加わります。