【ノンストップ】中山優馬のゆウマいごはん【鯛と筍の春ソテー】作り方

2024年3月15日のフジテレビ系列「ノンストップ」の中山優馬のコーナーでは、中山優馬さんが「鯛と筍の春ソテー」の調理法を視聴者に紹介しました。

このレシピは、旬の食材である筍と鯛を使い、菜の花と梅のソースで彩り鮮やかに仕上げる春らしい料理です。

魚とタケノコを焼く間に、手軽に作れるソースを合わせることができるため、忙しい日々でも手軽に楽しむことができます。

【ノンストップ】中山優馬のゆウマいごはん[鯛と筍の春ソテー]材料

– 鯛の切り身: 2枚(合計200g)
– タケノコ(茹でたもの): 80g
– 昆布茶: 小さじ2/3
– 小麦粉: 適量
– 塩: 少々
– コショウ: 少々
– バター: 15g
– オリーブオイル: 大さじ1/2

《薬味》
– 菜の花(ゆでて細かく刻んだもの): 50g
– カリカリ梅(種を取り除き、粗みじんに切ったもの): 30g
– オリーブオイル: 大さじ2

【ノンストップ】中山優馬のゆウマいごはん[鯛と筍の春ソテー]作り方

1. 鯛を昆布茶で両面をこすり、15分ほど放置してから、薄く小麦粉をまぶします。
2. タケノコは穂先を4cmのくし形にカットし、残りは4cm長さ、6~7mm厚さに切り、塩とコショウをまぶします。
3. フライパンにバターとオリーブオイルを加えて熱し、鯛を皮目を下にして並べ、中火で約3分焼きます。
4. フライパンの空いたスペースにタケノコを並べて焼きます。
5. 鯛の皮がカリッとしたらひっくり返し、さらに3分ほど焼いて火を通します。
6. 皿に鯛とタケノコを盛り付け、混ぜ合わせた調味料をかけたら完成です。

ポイント

– 簡単な昆布締めで風味を高めよう!
– 鯛に昆布茶をまぶして、手軽な昆布締めを作ろう。
– サワラやホタテを使っても美味しい組み合わせ。
– タケノコは水煮のものを利用しても良い!

フジテレビ「ノンストップ
毎週月曜〜金曜日(あさ9時50分〜11時25分)
・司会:設楽統(バナナマン)、三上真奈(フジテレビアナウンサー)
・ゲスト:千秋、カンニング竹山