【ホンマでっか!?TV】植木理恵[また会いたいと思われる3つの行動]

幸せじかん

2024年3月27日に放送された『ホンマでっか!?TV』

では、心理評論家の植木理恵さんが、人々が再会したくなる行動について3つを紹介しました。

【ホンマでっか!?TV】植木理恵[また会いたいと思われる3つの行動]

心理評論家の植木理恵さんによると、

「また会いたいと思われる人」

には次の3タイプがあるそうです。

①1割ほど反対意見を言う
②中座できる人
③ここぞというときにうなずく

【ホンマでっか!?TV】植木理恵[1割ほど反対意見を言う]

たとえば、誰かが

「◯◯をやってください」

とか

「◯◯ですよね」

と言っても、なんでも

「はい・はい」

と答える人よりも、1割ほど反対意見を述べる人の方が、人々の記憶に残りやすく、また会いたいと思われる傾向があります。

【ホンマでっか!?TV】植木理恵[中座できる人]

飲み会などで最後まで残る人よりも、途中で

「帰ります」

とか

「4時までしか時間がないんです。ごめんなさい」

と言って退出する人が、別れを主導することで記憶に残りやすく、また再び会いたいと思われるという傾向があるとのことです。

 

【ホンマでっか!?TV】植木理恵[ここぞというときにうなずく]

1割ほど反対意見を言うことと似ていますが、なんでも

「はい・はい」

というよりも、重要な瞬間やクライマックスでうなずく人が印象的で、また会いたくなるそうです。

植木さんによれば、異なる行動を取った人が記憶に残り、再会したくなるとのこと。

「異なる行動を取った人が記憶に残り、再会したくなる」

というのが要点のようです。