【マツコの知らない世界】かゆみ対策!医師おすすめサリチル酸ワセリン

お悩みを解消

「マツコの知らない世界」の2024年3月19日の放送では、かゆみの対策として、高森健二先生がワセリンについて紹介しました。

高森先生は、順天堂かゆみ研究センターの長です。

【マツコの知らない世界】かゆみ対策![ワセリンがおすすめの理由]

かゆみ対策には、保湿剤を塗って皮膚の水分を保つことが重要です。

この方法なら、神経の刺激が抑制され、肌の乾燥が防げます。

サリチル酸ワセリンがおすすめ

では、保湿剤に何を使ったらいいのか?

ということですが、

高森健二先生は「クリームより軟膏」とおっしゃっていました。

サリチル酸ワセリン軟膏って市販されてる?

マツコの知らない世界で紹介されていたのは、

東豊薬品株式会社「5%サリチル酸ワセリン軟膏」というワセリンでした。

チューブでステロイド配合のものがありますが、それだとすぐになくなってしまうとのこと。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料・北海道・沖縄除く】白色ワセリン HGワセリン 500g
価格:2,180円(税込、送料無料) (2024/3/21時点)

楽天で購入

【マツコの知らない世界】かゆみ対策![ワセリンの作り方]

マツコさんが尋ねると、

高森健二先生は

「ドラッグストアで手に入るものであれば、私がよく使うのはワセリンです」

と答えました。

彼のおすすめは、サリチル酸ワセリンにステロイドを混ぜることだと述べています。

混ぜ方については、薬局で処方してもらえると説明しました。

要するに、医師の診察を受けて処方箋を入手すれば可能です。

そして、薬を塗る場合は原則として、皮膚にしっかりと塗布するのが良いとのことです。

入浴後に塗るのが効果的だそうです!

医師にかゆみの症状を伝え
診察を受け処方箋を出してもらうと配合済みのワセリンがもらえます。

【マツコの知らない世界】かゆみ対策![ワセリンの塗り方とタイミング]

ワセリンはベットリ塗ることがおすすめです。

特に、入浴直後は皮膚が水分を多く含んでいるので最も効果的なタイミングです。

【健康な肌】
細胞間にすき間がなく水分が逃げない
【乾燥肌】
細胞間にすき間があって水分が逃げていきやすい。
すき間から異物も入りやすいのでバイ菌などが入り込みかゆみも感じやすい。

まさに乾燥肌は地割れのような状態なのです!

乾燥肌には保湿剤をベッタリ塗り、細胞のすき間をふさぐことが大切です。

【マツコの知らない世界】かゆみ対策![ワセリン]順天堂かゆみ研究センターについて

かゆみ研究センターとは

アジアで初めて設立された施設、それがかゆみ研究センターです。

このセンターでは、かゆみの原因や治療法についての研究が行われています。

所在地は千葉県浦安市にあり、順天堂大学医学部附属の浦安病院内に位置しています。

医師は14名、さらに研究員や大学院生など40名が在籍しています。

かゆみ研究センター長は高森健二先生

高森健二先生は、かゆみ研究センターのセンター長を務めています。

彼は皮膚科医であり、かゆみ研究の世界的な権威です。