【中居正広の土曜日な会】腰痛ぶらぶらストレッチ(腰痛緩和ストレッチ)山口絵里加

お悩みを解消

2024年3月9日に「中居正広の土曜日な会」という番組で、腰痛対策の一環として「ぶらぶらストレッチ」の方法が紹介されました。

このストレッチを指導してくれたのは、医療的背景を持つ運動指導を専門とするメディカルフィットトレーナー、山口絵里加さんでした。

【中居正広の土曜日な会】腰痛ぶらぶらストレッチ(腰痛緩和ストレッチ)の効果の理由

腰痛が生じる主な原因は、関連する筋肉が硬くなり、血流が滞ってしまうことです。

この状態が続くと、筋肉が正常に機能しなくなり、痛みを引き起こします。

しかし、簡単なストレッチを行うことで、これらの硬い筋肉を柔らかくし、血流を改善することが可能です。

これにより、腰痛の緩和が期待できます。

【中居正広の土曜日な会】腰痛ぶらぶらストレッチ(腰痛緩和ストレッチ):やり方

腰痛ぶらぶらストレッチのやり方

腰痛対策としての「ぶらぶらストレッチ」は、次のように行います

  1. 前かがみの姿勢をとります。
  2. 肩をリラックスさせた状態で、約10秒間上下に揺さぶります。

このストレッチは、毎日の朝起きた後に実行することを推奨します。

時間に余裕がある場合は、他の腰痛緩和ストレッチと組み合わせて行うことで、効果を高めることができます。

定期的に行うことで、腰のコンディションを整えましょう。

腰痛緩和ストレッチのやり方

腰の痛みを軽減するためのストレッチ手順は次のとおりです。

  1. 四つん這いになり両手と両膝を床に置きます
  2. 右足を左足の上に交差させます
  3. 左足を後ろに斜めに伸ばし10秒間その姿勢を保持します
  4. 肘を床につけて体を支えます。
  5. 反対の足で同じ動作を行い、もう一セット実施します。

これらのステップを行うことで、腰の痛みを和らげる効果が期待できます。

ストレッチは自分の体調に合わせて無理なく行ってください。🌸

寒暖差腰痛のセルフチェックはこちら

温度差による腰痛になりやすいかどうか、セルフチェックするためのチェック項目です。

  1. 座る際に足を組む
    これは片側の座骨に過度の負担をかけ、骨盤の歪みを招く可能性があります。
  2. バッグを常に同じ肩にかける
    これは下半身と骨盤のバランスを崩す原因になります。
  3. お風呂でのシャワー利用が多い
    シャワーでは体の表面しか温まらず、血流促進が不十分になりがちです。
  4. 1日に7時間以上座っていることが多い
    長時間座ることは腰に負担を与えます。
  5. 片足立ちで靴下を履けない
    これは前かがみの姿勢でバランスが取れていないことを示しています。

 

これらの項目に2つ以上該当する場合、温度差による腰痛のリスクがあると言えそうです。

4つ以上該当する場合、腰痛を発症する可能性が高くなっていると考えられます。

健康管理にご注意ください。

【中居正広の土曜日な会】腰痛ぶらぶらストレッチ(腰痛緩和ストレッチ):おすすめグッズ

肩や腰の辛さでお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎプレミアム】