弓木奈於は同志社大学!?意外すぎる噂の真相とは?

幸せじかん

弓木奈於さんの学歴に関する憶測が広がっています。

一部では、彼女が同志社大学の出身だという声もありますが、その真相はいかにでしょうか?

この記事では、弓木奈於さんの学歴や経歴についての情報を詳しく掘り下げ、彼女の素顔や才能に迫ります。

また、彼女のこれまでの努力や成果に対する称賛を込め、彼女の今後の活躍に期待を寄せています。

弓木奈於は同志社大学の出身?出身大学や高校、中学エピソード

「乃木坂46」のメンバーである弓木奈於さんに関して、同志社大学出身との噂が広まっていますが、その噂は事実とは異なります。

彼女は地元の京都府出身で、中学時代までは普通の生活を送っていました。

中学校に関しては、地元京都市内の学校に通っていたようですが、具体的な校名は明らかにされていません。

その後、高校進学と同時に上京し、芸能人が多いことで知られる目黒日本大学高等学校(旧・日出学園高校)芸能コースに入学しました。

高校時代はハンドボール同好会のマネージャーや『劇団ハーベスト』のメンバーとして活動し、芸名を「弓木菜生」としていました。

乃木坂46の和田まあやさんや伊藤純奈さんとは高校時代からの同級生であり、特に和田さんとは仲が良かったようです。

高校を卒業後、大学進学を経て乃木坂46に加入するために中退しましたが、具体的な大学名は明らかにされていません。

一部では、彼女が同志社大学に通っていたとの噂がありますが、彼女の学歴や活動を振り返ると、それは事実ではない可能性が高いです。

彼女は東京での高校生活を送り、芸能活動も東京で行っていることから、京都にある同志社大学に通っていた可能性は低いと考えられます。

大学1年生の時には、2017年に開催された『ミスiD・2018』に出場した経歴も持っています。

2018年8月、大学2年生の時に、弓木奈於さんは高校時代から所属していた『劇団ハーベスト』を退団しました。

その後、同年6月に開始された坂道合同オーディションに参加し、見事に合格しました。

弓木奈於さんは、大学を中退して坂道合同オーディションを受けたことを後にラジオ番組で明かしています。

高校時代から演技の経験があり、坂道研修生メンバーの中では早くから舞台(『ナナマルサンバツ THE QUIT STAGE 0』)に出演しました。

2018年10月に放送されたドラマ『今日から俺は!!』では、クラスメイト役として出演しました。

そして2020年2月に乃木坂46・4期生として加入することが決定。

乃木坂46への加入後、弓木奈於さんは沈黙の金曜日ややみつきちゃんなどのラジオや番組でMCを務め、30thシングル『好きというのはロックだぜ!』で初の選抜入りを果たしました。

23歳での初選抜は、グループの歴史上最年長記録です。

彼女は乃木坂46において、年齢に関係なくポジティブなエネルギーを発揮し、グループの新しい側面を示しています。

ファンからの支持も非常に高く、彼女の存在感はグループに新たな魅力をもたらしています。

弓木奈於は同志社大学|実家は京都府上京区の名家

弓木さんの実家は京都府上京区にある畳屋さんです。

家業は江戸時代から続く名家で、父親は弟子を2人も持っています。

家族構成は両親と祖母、姉1人、弟3人、妹2人の10人家族で、7人兄弟の2番目です。

10人の大家族ですが、一人ひとりに部屋があり、冷蔵庫は2台以上が必要だったそうです。

実家は4階建ての広い家で、兄弟それぞれに個室があり、着物部屋もあります。

最年長の兄弟である弓木大和さんは俳優として活動し、アイドルグループ「BATTLE BOYS」の選抜メンバーとしても活躍しています。

これにより、彼女が裕福な環境で育ち、広々とした家に住んでいたことが窺えます。

幼い頃から、弓木さんはモデルやアイドルに憧れ、芸能界への興味を抱いていたそうです。

趣味や特技には、「英語の発音」や水泳、ピアノが挙げられ、特に水泳やピアノは彼女が小学生の頃から習っていた可能性が高いでしょう。

彼女は英語の発音について、「意味は理解できないけれども、発音はできる」と述べていますが、明確な習得経験はないようです。

以上が、乃木坂46の弓木奈於さんの学生時代のエピソードと学歴に関するまとめです。

乃木坂46への加入以前から芸能活動を行っていましたが、当初はあまり目立った存在ではありませんでした。

しかしながら最近では、舞台出演やグラビアなどでその人気が急上昇しています。